ボトックス、アジアン美容クリニックの安全なアンチエイジング治療
ボトックス・ヒアルロン酸・コラーゲン注入
治療に関するコラムはこちら
コラーゲンについて

コラーゲンは、動物の結合組織を構成する主要なタンパク質であり、哺乳類では全タンパク質の25~30%を占めます。皮膚、腱、血管、骨、軟骨、歯など体内のほとんどの組織に存在します。組織内でのコラーゲンの機能は、結合組織としての物理的強化、弾力性と共に細胞の増殖と分化にも関与しています。皮膚では、この強度と弾力性により張りを維持しています。
 構造は、アミノ酸配列の三重らせん対構造を有し、その構造の長さ、その他性質から15種以上のタイプがあります。皮膚には、上皮細胞層と間質細胞層などの間に存在する薄い膜状の基底膜の結合にⅣ型、Ⅶ型コラーゲンが存在し、真皮には主としてⅠ型、Ⅲ型、Ⅴ型コラーゲンが存在します。
またコラーゲン配合の化粧品等がありますが、化粧品のコラーゲンは保水のため配合されており、それが皮膚の中に入って効果を出すことはありません。

注入用コラーゲンについて

コラーゲン注射は、20年以上しわ取りの安全な材料として広く使用されてきました。そのため米国のFDA(アメリカ食品医薬品局)だけではなく、日本の厚生労働省でも承認された安全性の高いしわ治療剤です。このFDA認可というものは、医療先進国であるアメリカにて、安全性を認めたという意味で治療を受ける方々も一つの目安にできるものです。
このように安全性が確認され、広く使われてきたコラーゲンですが、2001年日本で狂牛病の牛が発見されたために社会問題として取り上げられた影響を受け、牛のタンパク質由来である従来のコラーゲン製剤に関して不安視されるようになりました。実際は、厳重な管理化にて製造され医学的検査をすべてクリアーされていることは確認されていますが、患者さんの不安を完全に取り払えない部分があり、丁度その頃普及してきたヒアルロン酸注射に代わられていきました。しかし、コラーゲン注射の優れた点は多く、例えば注入時の痛みの少なさ、やわらかさ、馴染みやすさ、特に皮膚のデリケートな方や目の周囲などのデリケートな部分への注入などは、ヒアルロン酸よりも適しています。また近年では米国INAMED社にてヒトの繊維芽細胞からバイオ技術にて培養した次世代コラーゲン コスモダーム(CosmoDerm)が開発され、2003年3月に米国FDA認可を受けました。

ヒトコラーゲン培養のコスモダームに関しては、従来の牛コラーゲンの優れた点に加えて、ヒト組織タンパクである為、より親和性が高く、従来見られたアレルギー反応がほとんど認めず、基本的にはヒアルロン酸同様 皮内テストが必要ないなど安全なものとして当院にて使用しています。本来の皮膚構成成分の点から見ても最も親和性が高く、且つ質感からも最も適しており、細部のデリケートな部位に使用します。
コラーゲンの種類

皮内テスト
必要の有無

製品名・濃度

販売元

原料

色調

保存

認可

性質、特徴、適応部位等

アテロコラーゲン・
インプラント
(1%、2%、3%)

高研社
(日本)

ウシ

無色
透明

冷蔵

厚生省

注入後体温にて白色変化する。
持続期間は数ヶ月~6ヶ月。
1%、2%は眼瞼周囲等、
皮膚の薄い部位。

ZydermⅠ
(3.5%)
ZydermⅡ
(6.5%)

コラーゲン社
(米国)

ウシ

乳白色

冷蔵

厚生省
FDA

0.3%リドカイン含有。
持続期間は約6ヶ月。
適応部位は比較的広い。

Zyplast
(0.3%)

コラーゲン社
(米国)

ウシ

乳白色

冷蔵

厚生省
FDA

0.3%リドカイン含有。
持続期間は約6ヶ月~1年。
グルタルアルデヒドにより架橋
形成され、Zydermより矯正力と
持続力が高い。

CosmodermⅠ
(3.5%)
CosmodermⅡ
(6.5%)

コラーゲン社
(米国)

ヒト

乳白色

冷蔵

厚生省
FDA

0.3%リドカイン含有。
持続期間は約6ヶ月。
性状はZyderm 同様。

Cosmoplast
(0.3%)

コラーゲン社
(米国)

ヒト

乳白色

冷蔵

厚生省
FDA

0.3%リドカイン含有。
持続期間は約6ヶ月~1年。
性状はZyplast同様。

Evolence Classic
(3.5%)
Evolence Breeze
(3.5%)

コルバーライフ サイエンス社
(イスラエル)

ブタ

練乳色

常温


FDA

持続期間は1年以上。
架橋剤に天然の糖を使用し、
アレルギーリスクを減らしたと
されている。 他のコラーゲン
製剤と比べて固い。
鼻唇溝、輪郭など

 
HOME
最新美容注射の種類
コラーゲンについ
ヒアルロン酸について
ボトックスについて
適応部位
症例写真
副作用、治療後の注意点
Q&A (ボトックス)
体験談 (ボトックス)
院長紹介
院長コラム
診療案内
料金一覧
アクセス
 
  東京都台東区上野2-11-10
小島ビル3F 〒110-0005
  Fax:03-3832-3313
  E-mail:info@e-abclinic.com
 
 
東京都台東区上野2-11-10 小島ビル3F 〒110-0005 Tel:0120-387-901(予約優先) Fax:03-3832-3313 E-mail:info@e-abclinic.com
Copyrights © 2006 ボトックスの上野 美容外科 Asian Beauty Clinic. All rights reserved.