ボトックス、アジアン美容クリニックの安全なアンチエイジング治療
ボトックス・ヒアルロン酸・コラーゲン注入
治療に関するコラムはこちら
ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸もコラーゲンと同様に体内の至る所に存在し、関節、目、皮膚に多く含まれます。特徴として水和能、粘性、弾性があり、ゼリーのような性状をしています。働きとしては、細胞と細胞の間に多く存在しているため、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。
 日焼けや加齢によりヒアルロン酸は減少し、皮膚の張りやシワが目立つようになってきます。またコラーゲンと同様にヒアルロン酸配合の化粧品等がありますが、それが皮膚の中に入って効果を出すことはありません。
 注入用ヒアルロン酸は、1995~6年頃より登場し、急速に普及してきました。それに伴い、各個人の状態、皮膚、部位に合わせたより細かい治療が可能になったとも言えます。アメリカ美容外科学会(ASAPS)のデーターでは、2007年度にアメリカ国内で施行された注射による治療は、167万件以上であり、今後も低侵襲な治療の割合は増加することが予想されます。同データーによればそのうち87%がヒアルロン酸で、残り10%がコラーゲンおよびハイドロキシアパタイト製剤です。ヒアルロン酸の特徴として、皮膚周囲の水分取り込むことで柔らく膨らみ、ボリューム感を出します。注入用ヒアルロン酸は各社製品により、濃度、分子構造、架橋の程度が異なる為、更にその中での使い分けが必要です。
 またFDA認可(米国)を受けているかどうかも大切です。中には何年も吸収されないという製品もありますが、安全性を考えるとそのようなものは大変危険です。FDA認可を受けている製品としてはレシチレン(Q-Med社)、ハイラフォーム(アラガン社)、ジュビダーム(アラガン社)等があります。

 一ヒアルロン酸は、ある程度のボリューム感を必要とする皮膚部位や輪郭の凹みの修正に適しています。
 
HOME
最新美容注射の種類
コラーゲンについ
ヒアルロン酸について
ボトックスについて
適応部位
症例写真
副作用、治療後の注意点
Q&A (ボトックス)
体験談 (ボトックス)
院長紹介
院長コラム
診療案内
料金一覧
アクセス
 
  東京都台東区上野2-11-10
小島ビル3F 〒110-0005
  Fax:03-3832-3313
  E-mail:info@e-abclinic.com
 
 
東京都台東区上野2-11-10 小島ビル3F 〒110-0005 Tel:0120-387-901(予約優先) Fax:03-3832-3313 E-mail:info@e-abclinic.com
Copyrights © 2006 ボトックスの上野 美容外科 Asian Beauty Clinic. All rights reserved.